我が子を大切に育てる│母乳の量をアップさせよう

女性

失敗しない選び方

お茶

健康茶を購入する際には、必ず原材料名と原産国をチェックするようにしましょう。パッケージやホームページ上に何も情報が載っていない商品は購入しないようにしましょう。また、健康茶は自身の病気や症状によっては合わないものもありますので、気を付けて下さいね。

人気のサプリメント

シニア

ミドリムシには色々な効果があるため、サプリメントや健康食品のランキングで評判です。副作用はほとんどありませんが、摂取しすぎると効果が効きすぎる事があるため、様子を見ながらミドリムシの成分を摂取する事がポイントです。

赤ちゃんの機嫌をチェック

親子

良いところがたくさん

母乳育児は良いところがたくさんあります。母乳にはママからの免疫がたくさん含まれますので、赤ちゃんに免疫を与えることが出来ます。赤ちゃんが欲しがったら、待たせることなくすぐに与えることが出来ます。経済的にも優れています。しかし、実際には母乳が出なかったり、量が十分ではないママの方が多いです。量が足りているかは、体重が一番わかりやすいです。体重が十分に増えていなければ、母乳不足が考えられます。次におしっこの回数です。個人差はありますが、おしっこが1日に6回を下回るようなら、母乳が足りていないと考えられます。赤ちゃんの機嫌にも注意しましょう。授乳して、30分程度で泣いたり、ぐずったりするようなら、量が足りていないと考えられます。ママは母乳の量を増やす工夫をします。まずは水分を十分に取ります。冷たい飲み物は胃腸を冷やしてしまい、母乳の出を悪くしますので、温かい飲み物が良いでしょう。カフェインの含まれていないものを選びます。食事でも、みそ汁や鍋物など汁物のメニューを多くします。母乳は血液から作られますので、良質のたんぱく質、鉄分を多く摂取します。豚肉、あさり、カキ、ほうれん草、小松菜などです。揚げ物などの油っこいもの、バターやクリームなどの脂肪分が多いものは、乳腺が詰まりやすくなります。バランス良く食事をすることが大切です。どうしても足りないようなら、ミルクを足します。近年のミルクはとても質が良いので、ミルクを足すことに罪悪感を感じる必要はありません。必要以上に母乳にこだわらないこと、ストレスなく過ごすことで、母と子の良い関係を築きます。

豊富な栄養素で健康に

ウーマン

今口コミで話題の健康食品といえば、ミドリムシです。豊富な栄養素が含まれているミドリムシは不足しがちな栄養素も得ることで健康になるだけではなく、パラミロンによるデトックス効果によって肥満やメタボリック症候群の予防などにも効果的です。